岬日記

春の訪れ

1月31日

南房総にも少し早めの春が訪れました。

アブラナやフキなどの花軸や花茎のこと「トウ」と言うのですが、

「トウが立つ」とは固くなり、食べごろを過ぎてしまうことを意味するそうです。

皆さまも是非南房総の春を見つけてみてください♪