岬日記

2/18 豆っこひろば 自然素材の染め物づくり

2月18日

今回の豆っこひろばはツバキの花びらを使った染め物作りにチャレンジ。

ツバキの花びらは事前に拾っておいたものを冷凍保存しておきました。

まずは、ハンカチに模様をつける下準備。

アイスクリームスプーン、ビー玉、割り箸、輪ゴムを使って縛っていきます。

どんな模様になるかは広げてみてからのお楽しみ。

次は、ツバキの花びらをお酢とお湯で揉んで、染色液を作ります。
しっかりと揉むとピンク色の液が出てきます。

染色液ができたら、模様をつけた布を浸します。
どんな模様になるかな~。

浸している間は大房の裏庭探検。
ふきのとうが出ていたので、みんなで摘んだり、

サボテンに触ってみたり。

そうこうしているうちに、ハンカチが染まりました!

みんなで広げて完成品を見せ合いました。
きれいなピンク色のハンカチが完成です。

次回の豆っこひろばは、3/17(金)「かやぶき古民家のろくすけに行こう」です。
皆様のご参加お待ちしております。

白井(ねぎ)

豆っこひろば 焚き火でつくろう青空カフェ

1月27日

未就学児とその親御さんを対象にした豆っこひろば。今回は焚き火で豆腐ドーナツづくりにチャレンジです。

強風と雨予報でしたので、野外炊飯場から室内に会場を移し実施しました。

まずは豆腐と小麦粉をこねこねします。



生地が完成したら、外へ出て焚き木を集めて火起こしです。

今日は森に落ちている枝を使いました。

太い枝、細い枝、どれが火を起こすのに良いかな?



火が起きたところで形作っていた豆腐ドーナツをこんがりきつね色になるまで油で揚げていきます。


完成しました!
チョコやきな粉をトッピングして、いただきます!



焚き火で作るとまたおいしさ2倍!

もちもちの豆腐ドーナツを美味しくいただきました。

次回は2月18日(土)
「自然素材の染め物作り」
ツバキを使って染め物にチャレンジです。

作業日

1月17日

本日は絶好の作業日和、ということで、施設のメンテナンス、整備作業を行いました。

枯れ枝や枯れ葉が溜まっているところがあったので、全て除去し、すっきりしました。


野外炊飯場のかまどの補修です。

モルタルを練り込んで欠けていたり、ぐらつきのある部分を補強していきます。






職人さんのようにはいかないかもしれませんが、自分たちでできることはたくさんあります。
来て下さる方の安全を第一に考えて施設を運営してまいります。

本年も大変お世話になりました。

2016年12月28日

今日の第二展望台からは雪化粧した富士山がくっきり見えました。

雨で空気中の霧が落ち最高の景色です。


今年もたくさんの方に大房岬自然の家をご利用いただきました。

1人でも多くの方に南房総の自然や、そこに根付く文化を感じていただき、

知っていただくことが、私たちの役割だと思っております。

皆様にご理解・ご協力いただき、大きな事故なく

今年1年の終わりを無事に迎えられたことに感謝いたします。

来年も新たな取り組みにチャレンジし、南房総の魅力を感じていただき、

発信できるよう取り組んでまいります。

今後とも大房岬自然の家をよろしくお願いいたします。

皆様良い年をお迎えください。

大房岬自然の家 スタッフ一同

所内研修 実施

2016年12月7日

本日は、所内研修を実施しました。

避難誘導訓練、海難時の救命訓練、基礎的なアウトドアスキルの研修など、

いざという時に必要なことを再確認しました。

「安全を確保」することは、とりわけ自然の中で活動する上で、土台となる事項です。

どんな活動も安全なくして、充実したものになることはありません。

これからも、職員それぞれが、ご利用される方の安全を第一に考え、

自然の家の運営に取り組んでまいります。